複コロ&障害レース研究会

複コロ革命・魚谷智也さん公認。複勝転がしおよび障害レースを研究するブログです。

林騎手の引退表明

スポンサーリンク

2000回騎乗での引退を表明した林満明騎手

林満明騎手が障害騎乗2000回の達成を区切りに現役を引退することを明らかにしました。
現在1982回なので残り18回。
林騎手といえば、昨年末の中山大障害でアップトゥデイトで渾身の大逃げを打ち、オジュウチョウサンとの名勝負を繰り広げた立役者。もし、本当に2000回騎乗で引退してしまうとしたら、春の中山グランドジャンプはともかく、年末の中山大障害の時には確実に引退しているということになります。
うーん、これは寂しいですね。魚谷さんがきっかけで障害レースに目覚めて、その面白さにハマり、昨年末の中山大障害では大興奮だった私としては、まだまだこの2頭の戦いを見続けたいと願わずにはいられません。
とはいえ、障害騎手というのは平地以上に危険にさらされているわけで、本人の決断を外野が安易に撤回して欲しいと言うべきものではないでしょう。
 ただ一つ確実に言えるのは、今年の中山グランドジャンプは凄いことになりそうだということ。オジュウチョウサンとアップトゥデイト、石神深一と林満明という歴史的ジャンパーと名手2人による戦い。まだ4ヶ月先の話ですが、想像するだけでワクワクが止まりません。

なお、林満明騎手は、今週は土曜中京5Rのアスターサムソンに騎乗する予定です。