複コロ&障害レース研究会

複コロ革命・魚谷智也さん公認。複勝転がしおよび障害レースを研究するブログです。

2月10日の障害レース分析&複コロ跳ね上げ候補(ウオトモ氏による追記あり)

スポンサーリンク

京都4R障害未勝利
穴なら京都替わりでスズカグランデ

競馬王1月号のウオトモ氏の記事を確認すると、京都コースの特徴は

  •  襷コースではない
  •  障害の数が多く水濠もあり難易度は高め
  •  追走スピードも問われる
  •  直線はダート

このコース替わりでのパフォーマンスアップを念頭に考えたいところですね。人気が予想されるクロフネフリートは、スピード優先の中京から京都に替わるのはプラスとは言えませんが、飛越は安定しており、平地実績を考えればダートに替わることで相殺できそう。敢えて不安点を挙げるなら、先週東京中止からのスライドである点でしょう。
ヨカグラは落馬→飛越不安定という近2走から、力は認めても不安が先立ちます。
障害経験馬で気になるのはスズカグランデ。5走前の京都4着で先着を許したのは、メイショウオトコギ、ミヤジタイガ、ウインレーベンという後にオープンでも馬券に絡んでいる馬たちで、内容のある走りでした。叩き2走前、もう少し前目の位置を取れれば前進があっても不思議ではないと考えます。

とここで、ウオトモ氏が多忙の合間を縫ってメッセージをくれました。

ヨカグラの前走は上位馬が次走以降で勝ち上がっているハイレベルレース。落馬後の初戦が慎重になるのは致し方なく、むしろ8着とはいえ差は僅かな点は評価できます。中京よりも京都向きでこの相手。期待大だと思います。

まだまだ修行が足りません。いずれせよ、ヨカグラの評価は修正しなければいけませんね。

スポンサーリンク
 

明日の跳ね上げ候補
脚抜き良い馬場だと心配 ロードアルペジオ

魚谷さんの手法の画期的なところは、2、3番人気の複勝に絞って、断然の1番人気が沈んだ時の跳ね上げを狙うという点です。これによって、2コロや3コロでもあっという間に目標額に到達してしまうことがあるのです。もちろん、そんな1番人気はそうそう沈まないのですが、それでも買った馬が2着や3着なら払い戻しがある。このギャンブル性と堅実性は絶妙だと思います。ここでは、前売り段階で圧倒的な人気になっていながら、付け入る隙のありそうな馬を紹介していきたいと思います。
※オッズは執筆時点のもの。

 

京都3R 4ビッグデータ 複勝1.1〜1.2
3戦連続3着。初ダート馬2頭が魅力的。この2頭の内容次第で馬券圏外に弾き出される可能性も。

京都10R 7ムーヴザワールド 複勝1.1〜1.4
過去5回の1番人気時が1-0-2-2。基本的に人気先行タイプで、脚質的にも安定感はありません。

京都12R 4ロードアルペジオ 複勝1.1〜1.3
ムーア騎手で過剰人気予測。1000万下では重、不良で8着4着と崩れており、馬場次第では危険。