複コロ&障害レース研究会

複コロ革命・魚谷智也さん公認。複勝転がしおよび障害レースを研究するブログです。

2月12日の障害レース分析と複コロ跳ね上げ候補

スポンサーリンク

複コロ完成!
1000円→8160円に!

昨日の障害レースで跳ね上げをゲットし、一気に4800円に膨らんだ複コロ。魚谷さんのルールに従えば、元手の5〜7倍でリセットですから、1000円スタートなら5000円から7000円でリセットになります。
したがって、4800円ではまだ途中下車するわけにはいきません。慎重に検討した結果、「抜けた2番人気型」に該当しており、京都記念というレースが、断然人気が沈んでの跳ね上げが発生しやすという傾向もあるため、10アルアインに投入することに決めました。レースではアルアインがしっかり伸びて2着を確保。1.7倍で一気に7倍ラインも突破したため、心置きなくここでリセットすることにしました。
3コロで8倍、魚谷さんの手法の威力を体現するかのような結果でした。欲をいえば、レイデオロのハナ差が届いていなければ跳ね上げ締めだったのですが、、、仕方ないですね。

f:id:fukukoroken:20180211221735j:plain

明日の春麗ジャンプS
メイショウヒデタダの連覇期待

オープンの一戦なので、適性と能力双方の見極めが必要となり難しいところですが、昨年の覇者メイショウヒデタダを狙います。

 

東京コースの特徴は、最終障害後の長い追い比べ、直線ダート、順回りコースなど。襷コースでスタミナを生かしてきた好走したタイプが人気なら評価を下げるのが得策です。東京でのオープンでの好走実績からは6メイショウヒデタダ、13リスヴェリアート、14エイシンフランキーが目に付きます。
ただ、リスヴェリアートは昨年の4着後の「直線ダートが向かなかった」というコメントが気になります。エイシンフランキーも休みがちで状態面が未知数。そうなると、近3走は不振とはいえ、レースレベルであったり展開だったりと敗因は明確なメイショウヒデタダが浮上します。単騎逃げが叶えば、持ち前の粘りを存分に発揮してくれることでしょう。

スポンサーリンク
 


明日の跳ね上げ候補

魚谷さんの手法の画期的なところは、2、3番人気の複勝に絞って、断然の1番人気が沈んだ時の跳ね上げを狙うという点です。これによって、2コロや3コロでもあっという間に目標額に到達してしまうことがあるのです。もちろん、そんな1番人気はそうそう沈まないのですが、それでも買った馬が2着や3着なら払い戻しがある。このギャンブル性と堅実性は絶妙だと思います。ここでは、前売り段階で圧倒的な人気になっていながら、付け入る隙のありそうな馬を紹介していきたいと思います。
※オッズは執筆時点のもの。

本日はルナステラは複勝1.1〜1.1で11着グレイルが1.1〜1.2で7着と沈みました。「この調子で明日も」といきたいところですが、小倉の前売りがなく、あまりめぼしい候補もいないためお休みとします。ご了承ください。